現在、情報提供を受け付けている事故

情報提供受付一覧

※注意

この団体と活動は、犯人の捜査や捕縛を行うものではありません。
あくまでも、市民の皆様の情報提供を広く募集するものです。
よって、より多くの市民の皆様の目とお力を必要としております。

受付事故 No.003 / 神奈川県

事故年月日 平成29年7月19日 事故時刻 AM 2時35分
場所・住所 神奈川県平塚市四之宮6丁目9-30
事故の内容 国道129号線 神奈川トヨタ 平塚四之宮U-Car前を厚木方面へ走行中、黒系のオデッセイタイプの低めのワゴン車(工事現場の8名ほどが目撃証言済)が、左後方より体当たりしてきて事故が起きました(当方はパール色のフェアレディZ(Z33型)。
片側2車線の内、ラビット 平塚四之宮店さんの前辺りから側道側工事中の為、車線規制開始の看板とパイロンが設置されており、当方は中央車線側を40km/hで走行中、側道側を猛スピードで加速してくる黒い車をルームミラーで記憶してます。
その相手の車がパイロンと工事車両に側道側から接触したと同時に当方の左側面に激突、当方はそのまま突き飛ばされ中央分離を超えて対向車線へ。
左前輪アームが大破してハブごともげた状態で停止。
何が起きたか同乗者と動揺している中、相手の車は猛スピードで逃げて行きました。
車の番号を控えられませんでした。警察の現場検証の結果、相手のブレーキ痕はなく、工事車両のテールランプ破損後、減速なしで(加速状態)で当方の車に激突して逃走して行ったようです。相手の車の左側面(地面から1mくらいの高さの位置)に工事車両のテールを破損させた傷と右前方~側面に当方を大破させた白系の塗料痕と傷が付いていると思われます。
ドライブレコーダーをまだ付けていませんでしたので相手のナンバープレートの情報が全くありません。
事故目撃証言して頂いた道路工事の方々も皆さん黒色系のオデッセイだったと説明して頂きましたがナンバーはどなたも覚えてない(相手の速度が速すぎて見れなかった)とおっしゃられてました。
相手のことで
分かっていること
・黒色系オデッセイ(もしくはスタイルの似た低めステーションワゴン)
・車の左側面(地面から1mくらいの高さの位置)に工事車両のテールを破損させた傷が付いている(もしくは塗装が剥げている)
・右前方~側面に当方を大破させた白系の塗料痕と傷が付いていると思われます。
公開可能依頼者情報
[依頼者からのメッセージ]
いきなりぶつけられて対向車線に飛ばされた動揺から逃走相手の車のナンバープレートを控えることもできませんでした。
私は相手が猛スピードで突っ込んでこられることも予測できなかったことと、ぶつけられた瞬間の衝撃でショックもあったのですが「相手は停止して降りてくるだろう」と瞬間思い込んでしまったことがとっさに最適な行動が取れなかったことが自分自身情けなく、悔やまれてなりません。警察の方々にも言われましたがナンバーを控えることができなかったことが私のすべての落ち度です。
どんな些細な情報でも結構です。もちろん謝礼も致します。
どうか皆様ご協力お願いします。
情報提供はこちら

受付事故 No.002 / 東京都

事故年月日 平成17年5月6日 事故時刻 19時20分
場所・住所 東京都東村山市富士見町1-1
事故の内容 6m道路を自転車で走行中、交差点、左から止まれを無視して車が突っ込んできた、私はよけようとして自転車ごと倒れ頭部打撲した。
その後救急搬送。
相手のことで
分かっていること
黒っぽい車。
スピードを出していた。
公開可能依頼者情報
[メールアドレス] bouzu-artstajio@sky.plala.or.jp

[依頼者からのメッセージ]
政府保障事業に請求したがギリギリ最後にひき逃げとする客観的証拠がないと、却下されました。私は一貫してひき逃げを主張してるが、第三者の証言が欲しいとのこと。
証言してくださり、保障がおりましたら。御礼に保障金の二割さしあげます。
よろしくお願いします。
情報提供はこちら

受付事故 No.001 / 山梨県

事故年月日 平成23年2月25日 事故時刻 午前3時45分~50分
場所・住所 山梨県甲斐市志田 国道20号線上り 大型ショッピングセンター「ラザウォーク」前
事故の内容 息子は2月24日夜会社の送別会に出席、3次会迄仲間たちと楽しい時間を過ごしたそうです。
25日2時50分位に自宅アパート迄友達に送って貰い別れました。
3時50分トラックの運転手の「人が倒れている」との通報で発見されました。
意識の回復の無いまま27日午前7時7分息を引き取りました。
ブレーキ痕や破片などもなく、交通事故かどうかも分からない状態でしたが、現場状況や司法解剖の結果などからひき逃げ事故と断定され捜査されています。
防犯カメラの解析や同時間帯検問などで直前までの目撃情報はあるそうです。
路肩付近にいたところをひっかけられたのではと思います。
死因は頭蓋内損傷で骨折箇所は右側に集中しており下半身に損傷はありません。
相手のことで
分かっていること
事件当初、警察からは路肩付近でしゃがみこんでいる所を乗用車に当てられた可能性が高いと言われてました。
一年後テレビ番組で検証してもらった時には、路肩付近から戻ろうと後ろ向きになった所を、中型トラックのサイドミラーの取付部ステーと呼ばれる所で左頭部を引っ掛けられ右頭部をアスファルトに叩きつけられたのではとの検証結果でした。
事故を直接見た目撃者はまだ現れず、加害者のことは何も分かりません。
自動車の
破損状態等の写真
公開可能依頼者情報
[氏名] 平野 るり子
[住所] 佐賀県小城市牛津町乙柳1033-13
[メールアドレス] hiraruri56@orchid.plala.or.jp
[年齢] 61歳
[性別] 女性

[依頼者からのメッセージ]
大切な息子を交通事故で亡くすだけでも、親は耐え難い喪失感、悲しさ、苦しさを感じます。死亡ひき逃げで未解決の私達には怒り、悲しみをぶつける相手すらおりません。

犯人が逮捕されても息子の命は戻っては来ません、でも将来ある未来をすべて突然に奪われた息子の無念さ悔しさを思うと、何も分からず今のままうやむやで終わらせることは出来ません。

事故現場は山梨、私たちは佐賀に住んでいます、あまりにも遠く何も出来ず、苛立ちの中で時間だけがむなしく過ぎていきます。
親として今出来る精一杯の事をしたいと思い、事故より2年目平成25年2月25日より私的懸賞金300万を掛けました。今年は500万に増やしていますが、犯人逮捕に結びつくような有力情報はありません。
懸賞金 お金を用意するだけでは何の意味も有りません、息子の無念を晴らそうと親が必死で犯人を探している事、犯人や情報を知っている人に届けなければ成らないのです。

事件現場や時間などから長距離運転の車の可能性が高いと考えてます。
山梨での事故、他県で報道して貰う事の難しさ痛感しました。

息子はもう何も出来ません。犯人は何のとがも受けずにのうのうと暮らしていると思うと私は我慢なりません。
未解決事件、親は犯人が逮捕されるまで死ぬに死ねない気持ちで生きています。
家族の気持ちも将来も殺されたのと一緒です。
私は息子はなぜ死ななければならなかったのか真実が知りたい、犯人には、息子に心から謝って罪を償って欲しい。
一日も早い犯人逮捕を息子と共に切に 切に願っております。
情報提供はこちら
Page Top